リーダーシップのある人間とは

h32

人を惹きつける魅力になります

あらゆる場面でリーダーシップのある人が重要視されるものです。
どんなに小さなグループであっても、たくさんの人が属している団体であっても先頭に立ってリーダーシップを発揮させる人が存在していなければ、統率が取れずにバラバラになってしまいます。
果たしてあなたにはリーダーシップスキルがきちんと備わっているでしょうか?
リーダーシップのある人間とは、具体的にどのようなスキルが必要とされるのか確認しておきましょう。

参考:優れたリーダーシップを発揮する人の9つの特徴

トップの人間だけに必要なスキルではない

リーダーシップのある人間とは、どんな小さな組織でも上に立つ人だけに備わっていれば良いものだと考えている方が多いです。
確かにトップに立つ人間はリーダーシップがなければ話になりません。
しかし、他の人達にリーダーシップが全く無くても問題ないというわけではありません。

リーダーシップとはあくまでも物事の方向性を決めて達成させるために的確に判断するためのスキルが必要になるのです。
つまり、同じ組織に属している全ての人にリーダーシップが備わっていなければ、確実に物事を達成させることが難しいと考えられます。
あくまでもトップに立つ人間はリーダーとしての役割を発揮させることができるか否かによって実力が左右されると言えます。

リーダーとして必要なスキル

ではリーダーシップを発揮させて組織のトップとしてリーダーになった場合には具体的にどのようなスキルが必要になるのか確認してみましょう。
まずは物事を達成するためにグループに属している人に指示を出していくことになります。
指示を出す際には、ただ威張り散らして「人を使う」という意識を持っていてはいけません。
上から押さえつけられると反発したくなるのは当然のことで、いくらリーダーとは言え非人道的な扱いをしていると誰も指示に従ってくれません。
しっかりとコミュニケーションを取りながら信頼を得ることができてから初めてリーダーとしての的確な指示を出すことが大切なのです。

リーダーはグループに属している人達の良い面をしっかり見つけてあげることも重要な役割になります。
それぞれが得意としていること、不得意なことが存在しているため、できるだけ得意な事を活かしてもらえるように指示を出すことが大切です。
不得意とすることをいつまでも避け続けると、その人の能力を伸ばすチャンスを逃してしまうため、適度に不得意な分野にも指示を出すようにしてください。
この場合にはリーダーとしてしっかりサポートをすることも必要になります。

状況によっては適度に叱り、適度に褒めることも大切です。
良いリーダーと思われるために良い顔ばかりしてもいけませんし、厳しい顔ばかり見せるのも禁物です。
メリハリのある対応をすることが、リーダーとしての信頼を得るために必要な事です。