作業効率が上がるクラシック曲

PAK88_coffee-thumb-815xauto-18009

心を落ち着けるのがポイント

作業をしている時に音楽を聞いていると効率がアップすることもあれば、逆に効率が悪くなることもあります。
実際に音楽を聞きながら作業をする際には効率アップするという場合と、逆に悪くなるという場合ではどのようなジャンルの音楽を聞いていたのかによって変わるようです。
一般的に作業効率が上がると言われているのはクラシック曲です。
心が落ち着き、作業に集中できる環境作りに役立つ音楽を選ぶことがポイントになります。
作業効率が上がるクラシック曲としておすすめしたい5曲をご紹介します。

参考:作業や勉強のBGMに!集中力を高めたいときに聴くクラシック曲まとめ

ピアノ協奏曲 第20番第2楽章(モーツアルト)

クラシック曲の中でもモーツアルトの作品は集中力や記憶力を高めるなどの効果が高いと言われており、作業効率がアップする代表格とされています。
集中して作業を行いたい時に聞き流しているだけでもいつの間にかスラスラと作業が進みやすいと言われています。
実際に子供や高齢者などの対象にした研究の成果では、モーツアルトの楽曲を聞いていると集中力が高くなったとの結果が出ています。

この楽曲については、曲調が穏やかで心地よいテンポなので、どんな作業を行っている際にもおすすめです。
他にもモーツアルトの作品はいずれも作業用BGMとして最適だと言われている楽曲が多いことから、いつもモーツアルトの作品ばかり聞いているという方も多いです。

運命 交響曲第5番第1楽章(ベートーヴェン)

迫力のある楽曲として有名で、誰もが一度は聞いたことがあるはずです。
作業に集中しようと意気込んでいる時は、なぜか猛烈に眠気が襲ってくるものです。
眠気を解消して作業を効率良く進めたいという場合におすすめです。

剣の舞(ハチャトゥリアン)

剣で戦っている様子を表現した踊りの楽曲とされている激しい曲調で、聞いているだけでもテンションが上がってきます。
単調な作業に疲れてきてやる気が薄れてきたという場合に聞いていると、やる気を引き出すことができます。
目的を達成するために奮起できる楽曲としてもおすすめです。

華麗なる大円舞曲(ショパン)

軽快なワルツを奏でるクラシックの代表的な楽曲ともいえます。
作業が煮詰まってきて気分転換をしたいという時に明るい曲調のクラシック曲を聞いていると気分が高揚するものです。
クラシックは苦手という方でもこの楽曲なら好んで聞くことができるという方も多いほど人気があります。

ピアノソナタ 第3番第1楽章(ブラームス)

集中力を発揮したい時にぜひおすすめしたい楽曲です。
一言で表現するならクラシックなのにカッコ良い!と感じさせてくれるような楽曲で、作業のスピードもいつの間にかどんどん進んでいきそうな気がします。
作業をしている時意外にもじっくり聞き入りたくなるようなソナタです。